ソウル麻浦の地元食堂で味わうカンジャンケジャン

ソウル麻浦の地元食堂で味わうカンジャンケジャン

2011年の秋、ソウル麻浦(マポ)のホテルに泊まった際に食べた地元でしか味わえない美味しい韓国料理を紹介します。麻浦は、空港からリムジンバスでソウル市内に向かうと、一番最初に止まる非常にアクセスの良いところです。

眞味食堂(チンミシクタン)のカンジャンケジャン

麻浦にあるカンジャンケジャン(ワタリガニの醤油漬け)の有名店です。名物はケジャン定食です。迷わずこれを注文しましょう。カニの旨みと醤油ベースのタレが絶妙にマッチし、とても美味しいです。

眞味食堂は、少し細い路地に入ったところにあるので分かりづらいかもしれません。タクシーに乗って向かったのですが、店の名前を伝えただけでは着けませんでした。

外観は地元の方々が来る食堂といった感じです。

麻浦屋(マポオッ)のモドゥムスユッ

麻浦にあるソルロンタンの老舗です。当然、ソルロンタンも美味しいのですが、おすすめはモドゥムスユッ(ゆで肉の盛合せ)です。お酒がすすみます。

この看板が目印です。

麻浦エリアで楽しむには

ソウル麻浦に訪れる際は、ベストウェスタンプレミア・ソウルガーデンホテルに宿泊するのがオススメです。リムジンバスの停留所も近く空港からのアクセスも良く、値段もリーズナブルでキレイなホテルです。